慢性的な痛みシリーズ①(頭痛編)

 今回から多くの方がお悩みの慢性的な痛みの症状・治療法についてシリーズで解説していきたいと思います。


第一回となる今回のテーマは「頭痛」です。


頭痛は大きく、片頭痛・筋緊張性頭痛・群発性頭痛の3タイプに分けられます


○片頭痛

 痛み方 :ズキンズキンと脈打つような痛み

 部位  :頭の片側(両側の場合も)

 動かすと:痛みは悪化。激しいと寝込む程。 

 前兆  :ギザギザした光が見える、

      視野の一部が見えにくい。

 きっかけ:精神的ストレス。

      寝すぎ・寝不足。

      月経等

 持続時間:4~72時間


…前兆があるのは全体の20~30%で、うち90%はギザギザの光が見えたり、視野の一部が見えにくくなるといわれています。


 

○筋緊張性頭痛

 痛み方 :締め付けられる感じ

 部位  :頭の両側、または全体。後頭部。

 動かすと:動かすと少し楽に。

 前兆  :なし

 きっかけ:目の疲れ(眼精疲労)

      ストレス

      長時間の同じ姿勢

 持続時間:30分~7日間

 

筋緊張が強くなり、乳酸・ピルビン酸等がたまりすぎた状態。周囲の神経を刺激し、締め付けられる様な痛みを出す。

 


○群発性頭痛

 痛み方 :目の奥がえぐられるような痛み。

      激痛。耐え難い痛み。

 部位  :片側の目の奥からこめかみ。

 動かすと:痛くてじっとしていられない。

 前兆  :なし

 きっかけ:アルコール(タバコ)

 持続時間:15分~3時間(1日に数回、数日から数か月ほど続く)



慢性的な頭痛は筋緊張頭痛と片頭痛の場合が多く、筋緊張頭痛の場合は後頭部・首から肩・背中にかけての筋肉の緊張が大きな原因です。

当院では筋の緊張を取り除くのに効果的な、温熱療法や電気療法を中心に行います。

慢性型では著しく強い筋緊張がみられるため、早めの施術をお勧めします。

ぜひ一度ご確認ください!


#頭痛

#片頭痛

#筋緊張性頭痛

#群発性頭痛

#接骨院

#慢性的な痛み

#治療

#症状


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示