痛みに合わせて日々精進です

 

 新緑の間を気持ちよい風が吹き抜け、いきいきとした生命力を感じる季節になりました。

 古くから5月は「五月(さつき)」と呼ばれていますが、旧暦の「五月」は6月から7月にあたり、「五月晴れ」とは元々梅雨の晴れ間のことをいいます。

 また同じように意味が変化したものとして、「うがった見方」という言い方がありますが、本来の意味は「物事の本質を捉えた見方」で現在よく使われているようなイメージはありません。

 言葉と同じく治療法も時代とともに変化していきます。「物事の本質を捉えて」みなさんの痛みに合わせて治療できるように、伝統医療を大切にしつつ、日々精進していきます。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示